防水工事

防水工事は必要なのか?

住まいの屋上やベランダ・バルコニーは防水工事をされましたか?
こういった場所は平らで雨水が溜まりやすく、防水工事を行なっていないと溜まった雨水が下層に染み込みやすくなることもあります。
これが雨漏りの原因となってしまいます。

塗膜の剝がれ・ひび割れ・雨漏りが起きている場合は要注意。
一度当社へご相談ください。

 

当社ではこんな防水工事に対応しています!

○FRP防水
FRPは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforced Plastics)の略称で、強度や耐水性・成形性が優れていることから様々な場所に施工することが可能。
木造住宅のバルコニーなどに適しています。

○ウレタン塗膜防水
施工面に液体状のウレタンを塗布し、防水層を形成する施工方法。
材料が液体状のため、凹凸のある場所にも馴染みやすいといったメリットがあります。

5、6年毎にトップコート(最上位の塗膜)を再塗装することで15年程度の防水性能の保持が可能で、15年経過後の改修工事でもウレタン防水層を2、3回塗り重ねることで防水性能を保持できます。
そのため、工事費がお得になります。

 

かねがえ塗装のこだわり

・当たり前のことを当たり前に
・親身で丁寧な対応でお客様に安心と満足を
・お客様のご要望に応えるために、臨機応変な対応を
・茨城県つくばみらい市を中心に千葉県近隣まで熟練の職人がお伺い
・大小問わずどんな工事も喜んで承ります

一覧ページに戻る